FXトレードで使えるエリオット波動1波の見つけ方3ポイント

エリオット波動の見方
ゆん
財テクアドバイザーゆんです^^

この記事では、初心者さん向けにエリオット波動を使ってFXトレードで勝つ方法をお伝えします。

FX初心者
・エリオット波動は胡散臭いし、当たらないって聞くけど、ホント?
・エリオット波動の1波はどうやって見つけるの?
・エリオット波動2波はなぜトレードしないの?
・エリオット波動1波がわかった後は、どうやってトレードするの?

という疑問を抱えている初心者さんの悩みを解決できる記事になっています。

エリオット波動もダウ理論と並んで、FXトレーダーには欠かせない理論だと思います。

エリオット波動を知らなくても、FXで勝っている人はいますが、エリオット波動がわかればトレンド転換もだいたいわかるし、利確位置のおおよその価格帯がわかる理論なので、習得すると、なくてはならないものになりますよ^^

今回はエリオット波動がよくわからない人のために、記事の前半では、『エリオット波動の基本』を解説して、後半は、FXトレードで使えるエリオット波動の1波が見つけ方3ポイントを紹介します。

この記事を読み終えると、『エリオット波動』のスゴさがわかって、『エリオット波動』が見えてくるようになりますよ^^

FXトレードで使うエリオット波動とは

エリオット波動(えりおっとはどう)とは、ラルフ・ネルソン・エリオットが提唱した、株式投資についてのテクニカル理論。
この理論によると、相場には「上昇5波動」と「下降3波動」が存在する。
引用元:Wikipedia

ダウ理論もそうでしたけど、エリオット波動も株式投資のテクニカルとして提唱されています。

もちろんFXトレードにも使えます。

ダウ理論って何だっけ?という方は、↓↓下の記事を参照してくださいね。

ダウ理論が少しでもわかるとチャートの見え方が変わってきます^^

⇒FXのダウ理論の弱点回避とダウ理論がわかりやすくなる3つのポイント

株式投資より、FX投資の方がエリオット波動は使いやすいんじゃないかと思ってます。

相場は上昇5波と下降3波が存在するとなってますが、私は下降も5波と数える時もあります。

エリオット波動が使えるのはトレンドが出ている時で、レンジの時は使えません。

と言っても1時間足でレンジだとしても、15分足や5分足ではトレンドを作っているので、絶対使えないということはないですね。

エリオット波動の基本

エリオット波動の基本を画像で見てみましょう。

ドル円1時間足 アップトレンド

↑の画像はドル円1時間足です。

エリオット波動はどの足でも見ることができますが、15分以下の短期足で波が荒い時は数えにくいです。

アップトレンドの時は、①➂⑤が上昇波 ②④が下降(調整)波です。

ダウントレンドは①➂⑤が下降波で②④が上昇(調整)波です。

下のチャートはダウントレンドの場合です。

ドル円 ダウントレンド
ドル円 ダウントレンド

波はあまり細かく数えないでざっくりと見た方がわかりやすいですよ。

FXトレードはエリオット波動とダウ理論でチャートがわかりやすくなる

FXトレードをするなら、エリオット波動とダウ理論の両方がわかると、チャートの見え方が違ってきて、わかりやすくなると思います。

ダウ理論には『トレンドは明確な転換サインが出るまで継続する』という法則があるので、それを信じてエリオット波動を使いながら利益を得ていきます。

例えば、上昇トレンド中の「明確な転換サイン」というのは、エリオット波動でいう4波5波が終了してトレンド転換になるところのことを言っているわけですね。

エリオット波動

先ほどのチャートと同じですが、4波5波が終わった後、レンジになっています。

ダウ理論についてはこちらの記事で説明してます。
↓↓

FXのダウ理論の弱点回避とダウ理論がわかりやすくなる3つのポイント

FXトレードで使えるエリオット波動1波の見つけ方3ポイント

FXトレードで使えるエリオット波動の1波の見つけ方はカンタンです。

3ポイントを注意してチャートを見てください。

エリオット波動1波の見つけ方3ポイント

①レンジ状態のローソク足から強めのローソク足が出現する
②強めのローソク足がネックラインや戻り高値、又は、押し安値をブレイクしている。
③20MAをブレイクしている。

20MAって何?っていう方は、↓↓下の記事を参照してくださいね^^
 ⇒FX環境認識で使うインジケーター:移動平均線(MA)とは

ドル円1時間足 アップトレンド解説
ドル円1時間足 アップトレンド 1波

↑上の画像ではピンク色の曲線が20MAです。

1波が20MAを抜けているのが、見えると思います。

「強めのローソク足」というのは、グーンと伸びた大き目のローソク足のことです。

画像にある☆印の「戻り高値」を上に抜けた時は、アップトレンドになる可能性があり、逆に押し安値を下に抜けた時は、ダウントレンドになる可能性があります。

↓↓下のチャートはエリオット波動、下降の1波が出ているところです。

ドル円 ダウントレンド 1波
ドル円1時間足 ダウントレンド 1波

上記の3ポイントが確認できれば、エリオット波動の1波として、トレンドフォローをしていきます。

1波が出た後は、押し目、または戻り目の2波を待ってから3波をとります。

後で、3波の取り方を解説してます。

なぜ1波や2波はとらないのか

なぜ1波や2波はとらないのかというと、1波はいつ出るかわからないし、強めのローソク足が出たとしても、価格はどこまでいくのかわからないからです。

2波は逆張りになってしまうので、これもどこまで行くかわからないからです。

2波は、1波の半値戻りや、フィボナッチリトレースメントで測って61.8の戻りがキレイなパターンですが、半値まで戻らない時もあります。

フィボナッチリトレースメントって何?って方は、↓↓下の記事を参照してくださいね^^

⇒フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3つのステップ

ただ、日足で1波が確認できたら、調整波の2波の一部を1時間足や4時間足でとることはできます。

なぜ3波をトレードするかというと、3波は1波の長さよりも多少長く伸びるし、押しや戻りがあまりなく進むので、とりやすいってことなんです。

ネックラインが明確にわからない場合もあるんですが、ネックラインがしっかりと確認できた方が強い1波になります。

というのは、ネックラインがあるということはダブルトップやダブルボトムまたは、三尊、逆三尊になっているので、トレンド転換の可能性が強い。ということだからです。

FXのエリオット波動は胡散臭いし当たらない?

「FXトレードのエリオット波動は胡散臭いし当たらないよ。」

と言う人もいますが、相場のすべてがエリオット波動でカウントできるわけではないんです。

レンジ状態ではトレンドが出ていないので、波は数えられませんね。

でも、1時間足がレンジ状態でも、15分足以下の短期足にすればトレンドが出ているところもあるので、波が数えられます。

ただ、短期足15分足以下だと時間帯によっては、波が荒くなりエリオット波動が数えにくくなります。

「わからないよ~」と思っていると見えてこないので、まずもみ合っている状態のローソク足からグーンと伸びたローソク足を探してみると、だんだんと波が見えてきて①波~⑤波が数えられると思います。

エリオット波動4波5波がFXチャートのダブルトップ・ダブルボトムになる

エリオット波動は1波~5波で1つの波が終わりますが、アップトレンドの場合、5波が3波の高値よりかなり伸びた場合、さらにアップトレンドが続く場合があります。

ダウントレンドの場合は、逆に、5波が3波の安値よりかなり伸びた場合、さらにダウントレンドが続く場合があります。

5波が伸びずに3波の高値や安値とほぼ同じになった時は、4波5波がダブルトップ・ダブルボトムになり、トレンド転換のパターンとなります。

ダブルトップ・ダブルボトムはトレンド転換のチャートパターン

ダブルトップ・ダブルボトムはトレンド転換のチャートパターンと聞いたことがあると思います。

なぜだかわかりますか?

エリオット波動を理解すると、「なるほど~」ってわかりますよ^^

上のチャートのようにエリオット波動の3波の高値と同じくらいしか5波が伸びない時は、ダブルトップに見えますね。

これはレンジ状態になったということです。

↑のチャートの場合は、レンジがしばらく続いて三角持ち合いになっています。

さらにレンジが続いてトリプルトップになったり、5波が3波の高値より多少伸びて、トレンドが続くかなと思ったら、次の波は高値を超えなかった。

そういう時は、三尊になります。

エリオット波動を使ってFXトレードのエントリーポイントを見つける

エリオット波動1波の見つけ方で1波がわかったら、2波の戻りや押しを待って、3波をとります。

FXトレードではトレンドフォローがわかりやすいので、エリオット波動はとっても使えるんです。

どこがエントリーポイントになるかをチャートで説明します。

◆アップトレンド◆

ドル円アップトレンド エントリー方法
ドル円アップトレンド エントリー方法

◆ダウントレンド◆

ドル円 ダウントレンド エントリー
ドル円ダウントレンド エントリー方法

1波を確認したら、2波が終わるのを待ちます。

1波が伸びているところでエントリーしてしまうと、エントリーしたとたんに逆行される。

っていうのがこの場合です。

調整の2波が始まるからです。

伸びてる時は、戻るまで待ちます。20MAに近づくまで待ちます。

だいたい半値かフィボナッチリトレースメント61.8くらいまで戻りや押しを待ったら、切上げ線(売りトレードをする時)切り下げ線(買いトレードをする時)を引いて、そのラインから出るまで待ちます。

ヒゲだけ出ているのは出たという認識になりません。

しっかりとローソク足が出たら、さらに戻りや押しを待って、次のローソク足が1つ前のローソク足を超えたらエントリーします。

直近高値(アップトレンドの場合)、安値(ダウントレンドの場合)まではほぼ行くので高値、安値ラインの手前に指値をしておけばOKです。

フィボナッチリトレースメントの150.0までは、ほぼ到達するのですが、長期足のサポートやレジスタンスラインがあると、そこで止まる可能性が高いです。

まとめ

FXトレードで使えるエリオット波動1波の見つけ方3ポイント

について書いてきました。

いかがでしたでしょうか。

3ポイントとは、

エリオット波動1波の見つけ方3ポイント

①レンジ状態のローソク足から強めのローソク足が出現する
②強めのローソク足がネックライン・戻り高値又は、押し安値をブレイクしている。
③20MAをブレイクしている。

基本的な3ポイントなので、これに自分なりのルールを足してさらに自信をもってエントリーできるようにするといいと思います。

MA(移動平均線)をさらに加えたり、他のインジケーターを足してもいいと思います。

あまりインジケーターにこだわりすぎても時間のムダなので、まずは3ポイントだけを意識して過去チャートを検証してみるのがいいと思います。

ただ、100%ではないのが、相場の世界です。

どんな時にこのパターンが使えないのかを見極めるのも重要ですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

財テクアドバイザーゆんでした。

 

「この記事ためになったな」と思っていただけたら嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

【ゆんのおすすめ教材一覧】では、実際に購入し、検証して「これは使える」と思った教材を紹介しています。

FXや株式など投資関連の教材はたくさんありますが、わかりやすく、使いこなせるかが重要ですね。

厳選したおすすめ教材だけを徐々に載せていきますね^^

⇒私が実際に購入して、検証して、「これは大丈夫だ!」という教材をチェックしてみる

私がダマされた案件と、このブログに載せた「ちょっとどうかな~」っていう案件の共通点は、

・誰でも
・簡単に
・すぐに
・経験不要
・知識不要

つまり「ラクして稼げるよ~」という意味を含んだ言葉を使っています。

人間、ラクな方に流れてしまいますよね~。

20代、30代なら「転職して収入アップだぞ~」って時間的な余裕があるんですが、
50代になると、老後が目の前なので「早く何とかしなきゃ」って焦ってしまいます。

そこに、上記のようなキャッチ―な言葉の案件を見てしまうと・・・

「やられた~(+_+)」

ってならないように、私が実際に購入して、検証して、「これは大丈夫だ!」という教材だけをおすすめしています^^

お気軽にのぞいてみてください。

⇒私が実際に購入して、検証して、「これは大丈夫だ!」という教材をチェックしてみる

ゆんの宅トレ講座にようこそ

メルマガ始めました♪

「チャートが読めるようになる!
ゆんの宅トレ講座」

というメルマガです^^

相場はある程度一定の法則で動いています。

イレギュラーに動いているとしか
見えないチャートですが、

不思議なことにだんだんと見え方が変わってくるので楽しくなります。

メルマガは不定期に配信します。

ブログの更新情報や投資で勝つための有益な情報を配信しますので、楽しみにお待ちください。

初心者さんがわかりやすいように、トレード解説を書き込んだチャート画像も添付して送る時もあります。

メルマガ登録は無料です。

いつでも配信解除できるので、お気軽に登録してください♪

メルマガ「ゆんの宅トレ講座」

⇒「ゆんの宅トレ講座」をのぞいてみる

よろしくお願いします^^

無料相談受付中です

常時、無料相談受付中です^^

ゆんに無料で相談してみる

FXトレードでわからないことがあったら、どんなことでもコメントしてくださいね^^

「こんなこと聞いたら恥ずかしい」なんて思わずにどんどん質問してください。

プロトレーダーもゼロから始めてます^^

私も最初は「MT4って何?」というところから始めました(^-^)

質問お待ちしてま~す^^

相談メールしてみようかなぁと思っても、最初の1通目は躊躇してしまいますね。

私もそうでした。

メールしてみよう!と思ってから、1週間以上悩んでました。

悩んでいても堂々巡りなんですよね。

軽い気持ちで、半歩でも1歩でも進んでみませんか^^

2007年からFX投資を始めた私は、いくつも商材を購入して、いくつかの塾に入りました。

ちょっと言えないくらい苦い経験があります(>_<)

どうしようもなく使えない商材もありましたが、FXの基礎がわかると、

「全然使えないよ―(+_+)」と思ってたサインツールも補助的に使えるんです。

これから、FX投資を始めようとしている方、うまくいっていない方、「このEAは大丈夫かな」「このサインツール使えるのかな」などなど、お気軽にメールしてください。

FX以外のお悩みでもOKです^^

あなたの悩みが少しでも解決できれば幸いです^^

ご連絡お待ちしてます!

無料相談受付中

ゆんに無料で相談してみる

よろしくお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。