エリオット波動は何分足で使えるの?短期足での見方とカウントのコツ

ユーロ円 エリオット波動カウント数値
ユーロ円 エリオット波動カウント数値
ゆん
財テクアドバイザーゆんです^^

この記事では、エリオット波動が使える短期足はどの足なのか、ということと、エリオット波動のカウントのコツを解説します^^

FX初心者
・エリオット波動は短期足でも使えるの?
・波のカウントの仕方がわからない
・エリオット波動の教科書のような波が見つからない

という疑問を抱えている方の悩みを解決できる記事になっています。

初心者さんはローソク足の急な動きに翻弄されがちですよね(+_+)

エリオット波動が見えるようになると、シナリオが描けるようになり、エントリーポイントまでじっくりと待つことができます。

待つことができないとFXでは勝てるようにならないです。

記事の前半では、「エリオット波動が使える短期足はどの足なのか」ということを解説して、後半では、エリオット波動のカウントのコツを解説します。

この記事を読み終えると、『エリオット波動のカウントのコツ』がわかり、目の前が開けるようになりますよ^^

エリオット波動は何分足で使えるの?短期足でも使えます

FX初心者
 エリオット波動は 15分足や5分足の短期足でも使えるのかな?
ゆん
はい。使えます!

エリオット波動を解説しているブログやYouTubeはイラストで解説していることが多いので、特に何分足なのか、何時間足なのかは説明していないと思います。

チャートはどの足でもトレンドとレンジで出来ているので、何分足でも何時間足でもエリオット波動は使えます。

シナリオを立てる時に、4時間足以上で環境認識をした方がいいので、エリオット波動を使ってトレードしている人は、やはり4時間足以上でエリオット波動を見つけてシナリオを立てます。

なので、長期足しか使えないのかな?と思う人も多いのかも。

私は、日足や4時間足で環境認識してから、ポイントにきたら短期足を見ます。

その時もエリオット波動を見てエントリーしています。

環境認識って何?ですよね。

環境認識がわからないよ~という方は、↓↓下の記事を参照してくださいね。

⇒FXの環境認識が「できない」人のための練習のコツと使う時間足

簡単に言うと、

FX環境認識とは

トレンドが出ているのか出ていないのかを確認する

《トレンドが出ている場合》

・アップトレンドなら⇒押し待ち
・ダウントレンドなら⇒戻り待ち

《トレンドが出ていない場合》

・エリオット波動1波が出るまで待つ
・レンジトレードをする

ということです。

ピンポイントでエントリーは難しいので、だいたいのところでエントリーしますが、短期足でもエリオット波動がキレイに見えるところだと、トレードもすんなり決まります。

4時間足の1波の中に1時間足や15分足のエリオット波動1波~5波がある

ちょっと難しいかもしれませんが、「4時間足のエリオット波動1波の中」に1時間足や15分足、5分足のエリオット波動1波~5波があります。

「4時間足のエリオット波動1波の中」にというのは、1波に限らず、2波、3波、4波、5波もです。

2波、4波は調整波なので、エリオット波動を作らない時もあります。

これがわかった時は、「チャートってスゴイ!」と感動しました。

エリオット波動が見える!という意識をもってチャートを見ると、あなたにも絶対見えてきますよ。

4時間足の1本は1時間足の4本分なので、4時間足の集合体であるエリオット波動の1波の中に、1時間足のエリオット波動があるのは当たり前なんですけど、ここがなかなか理解できませんでした。

また、同じように、1時間足の1波の中に15分足5分足のエリオット波動1波~5波があります。

画像で解説します^^

↓↓下の画像はユーロ円4時間足のチャートです。

ユーロ円 1波4時間足
ユーロ円 1波4時間足

黄緑色の部分がエリオット波動1波(仮)です。

仮というのは、まだ2波が出来てないからです。

今は、2波を作りにいっているところかなぁ と見ます。

4時間足の1波と思われるところにピンク色でマークをしました。

ユーロ円 1波4時間足マークピンク
ユーロ円 1波4時間足マークピンク

これを1時間足にしてみます。

◆1時間足のエリオット波動1波~5波◆

ユーロ円 1波1時間足マークピンク
ユーロ円 1波1時間足マークピンク

このピンクの部分が4時間足の1波です。

1時間足では、ちゃんとエリオット波動ができています。

ユーロ円 1波1時間足マークピンク4波?
ユーロ円 1波1時間足マークピンク4波?

ただ、まだ波の作成途中なので、オレンジ色の〇で囲ったところの下落が1時間足のエリオット波動4波の可能性もあります。

次に15分足にしてみます。

◆15分足のエリオット波動1波~5波◆

ユーロ円 1波15分足足マークピンク
ユーロ円 1波15分足足マークピンク

ピンクの部分が4時間足の1波です。

15分足でもちゃんとエリオット波動ができています。

15分足はかなり細かい波がいくつも出来ているので、ジグザグとしている波を全部見てしまうとわからなくなりますね。

波は大きく捉えてください。

次に、5分足ですが、4時間足の1波を5分足にすると、前面ピンクになってしまうので、1時間足の1波を5分足にしてみます。

1時間足の1波の中に15分足5分足のエリオット波動1波~5波がある

◆1時間足のエリオット波動1波◆

ユーロ円 1波1時間足マークブルー
ユーロ円 1波1時間足マークブルー

淡いブルーの部分が1時間足のエリオット波動1波です。

15分足にしてみます。

◆15分足のエリオット波動1波~5波◆

ユーロ円 1波15分足マークブルー
ユーロ円 1波15分足マークブルー

淡いブルーの部分が1時間足のエリオット波動1波です。

ユーロ円 1波15分足マークブルー数値
ユーロ円 1波15分足マークブルー数値

15分足でもエリオット波動ができていますね。

5分足にしてみます。

◆5分足のエリオット波動1波~5波◆

ユーロ円 1波5分足マークブルー
ユーロ円 1波5分足マークブルー

淡いブルーの部分が1時間足のエリオット波動1波です。

5分足でもちゃんとエリオット波動ができていますね^^

この場合は、2つのエリオット波動が重なっています。

◆5分足エリオット波動1つ目◆

ユーロ円 1波5分足マークブルーのエリオット波動1つ目
ユーロ円 1波5分足マークブルーのエリオット波動1つ目

◆5分足エリオット波動2つ目◆

ユーロ円 1波5分足マークブルーエリオット波動2つ目
ユーロ円 1波5分足マークブルーエリオット波動2つ目

このようにエリオット波動が重なってできるときもあります。

画像でわかるように、4時間足の1波には、1時間足以下のローソク足でエリオット波動ができているんです。

というわけで、エリオット波動は短期足でも使えるということがわかりますね。

スキャルパーの中には、例えば、4時間足でアップトレンドやダウントレンドが出ているときに、短期足でエリオット波動を見てトレードしている人もいると思います。

エリオット波動のカウントのコツ

エリオット波動のカウントのコツは、高値、安値がポイントです。

また、1波がわかると2波、3波と見えてくるので、1波を見つけるのもポイントですね。

1波の見つけ方がわからない方は、↓↓下の記事を参照してくださいね^^

⇒FXトレードで使えるエリオット波動の1波が見つかる3ポイント

画像を見てください。

アップトレンドのエリオット波動

ユーロ円 エリオット波動カウント
ユーロ円 エリオット波動カウント

↑↑このユーロ円のチャートでエリオット波動をカウントしてみてください。

↓↓波を描いてみました。

ユーロ円 エリオット波動カウント数値
ユーロ円 エリオット波動カウント数値

↑↑のチャートは4波の押しが浅いですが、まあまあわかりやすいエリオット波動が出ていますね。

では、次のチャートでエリオット波動をカウントしてみてください。

ポンド円 エリオット波動カウント
ポンド円 エリオット波動カウント

↑↑は4波がヨコヨコになってますね。

↓↓波を描いてみました。

ポンド円 エリオット波動カウント数値入り
ポンド円 エリオット波動カウント数値入り

では、次はどうでしょう。

ポンド円 エリオット波動カウント数えにくい
ポンド円 エリオット波動カウント数えにくい

これは、波がたくさんあって、わかりにくいですね。

こういうチャートでのエリオット波動のカウントコツは「1波の高値を超えるまでは3波とはカウントしない」っていうことです。

↓↓波を描いてみました。

ポンド円 エリオット波動カウント高値がポイント
ポンド円 エリオット波動カウント高値がポイント

チャートを見るとわかるように、FXの教科書本にあるイラストみたいにキレイなエリオット波動はなかなか出ません。

なので、チャートをたくさん見て、慣れるしかないんですね。

私も最初は全然わかりませんでしたが、だんだん見えるようになりました。

エリオット波動を見るコツは、『ローソク足を細かく見ない』『波を大きく捉える』っていうのがポイントですね。

エリオット波動を見るコツ

・ローソク足を細かく見ない
・波を大きく捉える

MT4に入っているZigZag(ジグザグ)インジケーターを使うと、波をどう捉えるのかが、わかりますよ。

ZigZag(ジグザグ)インジケーターの設定に関しては↓↓下の記事を参照してくださいね^^

⇒FXのZigZag(ジグザグ)の使い方と勝てる手法【初心者向け】

次は、ダウントレンドのエリオット波動を見てみましょう。

ダウントレンドのエリオット波動

エリオット波動は「上昇5波、下降3波で形成される」というのが一般的ですが、私は下降も5波で捉えるときがあります。

その方がわかりやすいからです。

ユーロドルのチャートでエリオット波動をカウントしてみてください。

ユーロドル エリオット波動カウント ダウントレンド
ユーロドル エリオット波動カウント ダウントレンド

↓↓波を描いてみました。

ユーロドル エリオット波動カウント ダウントレンド数値入り
ユーロドル エリオット波動カウント ダウントレンド数値入り

このようにダウントレンドも5波で見ると、私にとってはわかりやすく、5波も売り(ショート)でとることができます。

次のチャートもカウントしてみてください。

ポンド円 エリオット波動カウントダウントレンド
ポンド円 エリオット波動カウントダウントレンド

これは、2波の戻りが浅いですが、ちゃんと3波を作っています。

↓↓波を描いてみました。

ポンド円 エリオット波動カウントダウントレンド数値入り
ポンド円 エリオット波動カウントダウントレンド数値入り

チャートを見るとわかるように、エリオット波動の1波がわかると、アップトレンドだったら、2波の押し、ダウントレンドだったら、2波の戻りを待って、3波をとるためのトレードができますね^

ただ、波は一直線で上がったり、下がったりするわけではなく、ジグザグと上がったり下がったりします。

ここがなかなか腑に落ちませんでした。

↓↓下のポンド円のチャートをもう一回見てください。

ポンド円 エリオット波動3波途中押し
ポンド円 エリオット波動3波途中押し

うまく3波に乗って、「含み益が出たぞー」と思ったら、また押しを作ってしまいました。

「えええ~ 利益がなくなる~」ってビビって微益で決済してしまう(+_+)

でも、しばらくすると上昇していく。

っていうことがよくありました。

これはレジスタンスがあるからなんですね。

日足を見てみると、ネックラインがあります。

ポンド円日足ネックライン
ポンド円日足ネックライン

それが、レジスタンスになって、いったん止められ、押しを作ります。

4時間足で見ると、こんな感じ↓↓

ポンド円4時間足レジスタンス
ポンド円4時間足レジスタンス

いったん止められますが、日足はアップトレンド中なので、そのままどんどん下降しないで、また、上昇していく。

っていうことです。

せっかく3波に乗って、大きな利益を取ろうと思ってたのに、微益だった(+_+)

という悩みの対処法は、分割決済です。

サポートライン、レジスタンスラインが引けてることが前提ですが、目的地までサポートラインやレジスタンスラインが何本かあったら、それぞれのライン到達で決済すれば、ポジションが全部微益で終わった(*_*)

っていうことは避けられますね^^

まとめ

エリオット波動は何分足で使えるの?短期足での見方とカウントのコツ

について書いてきました。

いかがでしたでしょうか。

まとめますと、

◎4時間足の1波の中に1時間足や15分足、5分足のエリオット波動1波~5波がある(チャートで解説)

◎1時間足の1波の中に15分足5分足のエリオット波動1波~5波がある(チャートで解説)

◎エリオット波動のカウントのコツは、高値、安値がポイント

最初は、日足、4時間足、1時間足、などが個別のチャートに見えていて、ドル円ならどの分足、時間足を見てもドル円で、ポンド円ならポンド円なんですが、なかなか繋がらなかったです。

いつから見えるようになるのかは、個人差がありますが、チャートを見続けているうちにある日、「あっ見える!」となります^^

そうなるとチャートを見るのが楽しくなります^^

1つの通貨ペアでいいので、いろんな時間足に替えながら4時間足のエリオット波動1波が1時間足以下でどうなってるか見てくださいね。

日足のエリオット波動1波を4時間足で確認してもいいですね。

エリオット波動1波がわからなくても、連続した陽線、陰線があれば、その部分をマークして他の時間足で見てみるとおもしろいと思います。

慣れればエリオット波動は見えてきます^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

財テクアドバイザーゆんでした^^

 

「この記事ためになったな」と思っていただけたら嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

 

【ゆんのおすすめ教材一覧】では、実際に購入し、検証して「これは使える」と思った教材を紹介しています。

FXや株式など投資関連の教材はたくさんありますが、わかりやすく、使いこなせるかが重要ですね。

厳選したおすすめ教材だけを徐々に載せていきますね^^

⇒私が実際に購入して、検証して、「これは大丈夫だ!」という教材をチェックしてみる

私がダマされた案件と、このブログに載せた「ちょっとどうかな~」っていう案件の共通点は、

・誰でも
・簡単に
・すぐに
・経験不要
・知識不要

つまり「ラクして稼げるよ~」という意味を含んだ言葉を使っています。

人間、ラクな方に流れてしまいますよね~。

20代、30代なら「転職して収入アップだぞ~」って時間的な余裕があるんですが、
50代になると、老後が目の前なので「早く何とかしなきゃ」って焦ってしまいます。

そこに、上記のようなキャッチ―な言葉の案件を見てしまうと・・・

「やられた~(+_+)」

ってならないように、私が実際に購入して、検証して、「これは大丈夫だ!」という教材だけをおすすめしています^^

お気軽にのぞいてみてください。

⇒私が実際に購入して、検証して、「これは大丈夫だ!」という教材をチェックしてみる

ゆんの宅トレ講座にようこそ

メルマガ始めました♪

「チャートが読めるようになる!
ゆんの宅トレ講座」

というメルマガです^^

相場はある程度一定の法則で動いています。

イレギュラーに動いているとしか
見えないチャートですが、

不思議なことにだんだんと見え方が変わってくるので楽しくなります。

メルマガは不定期に配信します。

ブログの更新情報や投資で勝つための有益な情報を配信しますので、楽しみにお待ちください。

メルマガ登録は無料です。

いつでも配信解除できるので、お気軽に登録してください♪

メルマガ「ゆんの宅トレ講座」

⇒「ゆんの宅トレ講座」をのぞいてみる

よろしくお願いします^^

無料相談受付中です

常時、無料相談受付中です^^

ゆんに無料で相談してみる

FXトレードでわからないことがあったら、どんなことでもコメントしてくださいね^^

「こんなこと聞いたら恥ずかしい」なんて思わずにどんどん質問してください。

プロトレーダーもゼロから始めてます^^

私も最初は「MT4って何?」というところから始めました(^-^)

質問お待ちしてま~す^^

相談メールしてみようかなぁと思っても、最初の1通目は躊躇してしまいますね。

私もそうでした。

メールしてみよう!と思ってから、1週間以上悩んでました。

悩んでいても堂々巡りなんですよね。

軽い気持ちで、半歩でも1歩でも進んでみませんか^^

2007年からFX投資を始めた私は、いくつも商材を購入して、いくつかの塾に入りました。

ちょっと言えないくらい苦い経験があります(>_<)

どうしようもなく使えない商材もありましたが、FXの基礎がわかると、

「全然使えないよ―(+_+)」と思ってたサインツールも補助的に使えるんです。

これから、FX投資を始めようとしている方、うまくいっていない方、「このEAは大丈夫かな」「このサインツール使えるのかな」などなど、お気軽にメールしてください。

FX以外のお悩みでもOKです^^

あなたの悩みが少しでも解決できれば幸いです^^

ご連絡お待ちしてます!

無料相談受付中

ゆんに無料で相談してみる

よろしくお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。