フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3つのステップ

ネックライン
ネックライン
ゆん
財テクアドバイザーゆんです^^

この記事ではフィボナッチリトレースメントを使って利益を出す手法を紹介します。

FX投資を少し学び始めると、フィボナッチリトレースメントという言葉を聞くと思います。

FX初心者
・フィボナッチリトレースメントって何?難しそう。

・フィボナッチリトレースメントってどうやって使うの?

・フィボナッチリトレースメントでトレードする手法があるって聞いたけど。

という疑問にお答えする内容になっています。

FXトレードで便利なプラットフォームMT4には、フィボナッチリトレースメントとフィボナッチエクスパンションというインジケーターが入っています。

今回は フィボナッチリトレースメントを使って3ステップで利益を出す手順を紹介します。

難しそうって思っていたフィボナッチリトレースメントが、とっても使えるインジケーターになりますよ^^

フィボナッチリトレースメントとは

フィボナッチリトレースメントというのは、2つの言葉で出来ています。

①フィボナッチ数列
②リトレースメント

という上記の2つの言葉をくっつけています。

①フィボナッチ数列とは

フィボナッチ数列とはイタリアの数学者レオナルド・フィボナッチ氏に因んでつけられた数列のことです。

「黄金比」という言葉を聞いたことがあると思います。

「黄金比」というのは、一番美しく見える比率のことで、自然界には多く見られます。

例によく挙げられるのが「ひまわりの種の配列」です。

建築やデザインの現場でも黄金比がよく使われていて、
Apple社のロゴはフィボナッチ数を直径とした円を使っています。

視覚的に心地よい、美しいバランスになるのが黄金比なんですね。

61.8と38.2がどの時間足でも意識される

フィボナッチ数列によって計算された黄金比は1:1.618という比です。

この61.8%と100%から61.8%を引いた38.2%の数値がFXにおいても意識される数値になります。

どの時間足でも同じように意識されます。

実際にチャートを見ると、「なるほど~」とわかると思います。

フィボナッチ38.2
フィボナッチ38.2

↑↑の画像のラインを見てもらうとわかりますが、上の画像のローソク足は、38.2で折り返しています。

黒い横ラインがフィボナッチリトレースメントのデフォルトのラインです。

デフォルトというのは、「最初からインジケーターに標準で入っている」という意味です。

フィボナッチ61.8
フィボナッチ61.8

2つ目の画像のチャートは、61.8のところで折り返しているのがわかりますね。

数値ラインぴったりで折り返すわけではありませんが、レンジ状態から抜け出る時はトレンドが強く出るので、38.2の浅い戻りになり、その後は調整の戻りが入るので61.8の深い戻りになることが多いです。

相場の世界なので、必ずその数値までの戻りが入るわけではないですが、61.8と38.2はかなり意識される数値と見ることができます。

自然界が黄金比を求めるように、人間も黄金比を無意識に求めているのかもしれないですね。

②リトレースメントとは

リトレースメントとは「引き返す、後戻りする」といった意味です。

ローソク足の動きは、アップトレンドやダウントレンドだからといって、斜めの直線で上昇したり、下降したりするのではなく、ジグザグと階段状に波を作りながら上がったり、下がったりしています。

押し目や戻り目を作るというように表現します。

アップトレンドの時は、押し目、ダウントレンドの時は戻り目と言うのが一般的です。

その押し目や戻り目のだいたいの価格帯を測るのが、フィボナッチリトレースメントです。

押し目・戻り目で初心者さんがする失敗例

押し目・戻り目で初心者さんがやってしまう失敗例を挙げてみますね。

ローソク足は斜めの直線で上昇したり、下降したりするのではなく、ジグザグと波を作りながら上がったり、下がったりしています。

チャートを見ると一目瞭然ですね。

ローソク足は波を描く
ローソク足は波を描く

ここがわかっているようで、難しいところなんですね。

エントリーするとローソク足が斜めの直線で動いていってくれるように錯覚してしまいます。

長期足だろうが短期足だろうが、ジグザグと波を作ります。

長期足の1本のローソク足を短期足で見ると、ジグザグして波を作っています。

例えば、1時間足を見てトレンドフォローでエントリーしたとします。

うまい具合に上昇していきましたが、5分足ではトレンド転換を繰り返すので、上がったと思ったら3分の1くらい押したり、半値押しをしたり、そしてまた上がるというようにジグザグしながら上昇していきます。

それをずっと見ていると利益が上下するので、初心者さんにとっては気が気ではありません。

どこまで上がるかわからないと、ちょっと下がったところで不安になって決済してしまいます。

それが微益で決済ということになるわけですね。

決済したあとにグイーンと伸びていったり。

FXあるあるです。

微益決済を回避するには、エリオット波動を少しでも理解すると、徐々に利益が伸ばせるようになります。

↓↓下の記事も参考にしてくださいね^^

⇒FXトレードで使えるエリオット波動の1波が見つかる3ポイント

フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3つのステップ

フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3つのステップを紹介します。

①エリオット波動の1波が出たら、フィボナッチリトレースメントを使って戻りを待つ

②戻りが61.8あたりまで来たら、切上げ、切り下げラインを引いて、ライン抜けエントリー

③フィボナッチリトレースメントを引いて150.0付近に差し値する。

1つずつ説明していきます^^

①エリオット波動の1波が出たら、フィボナッチリトレースメントを使って戻りを待つ

まず、エリオット波動の1波にフィボナッチリトレースメントを引きます。

エリオット波動がわからない方は↓↓の記事を読んでください。

⇒FXトレードで使えるエリオット波動の1波が見つかる3ポイント

フィボナッチリトレースメントの引き方

画像でフィボナッチリトレースメントの引き方を説明します。

フィボ引き方
フィボあて方

小さな赤枠にカーソルを合わせると「フィボナッチリトレースメントを作成」と出ます。

クリックします。

フィボナッチリトレースメントの場所はMT4によって違いますので、真ん中あたりにある時もあります。

売りを狙う場合は、1波の高値から安値に向けてフィボナッチリトレースメントを引きます。

画像を見てください。

fiboあて方説明
fiboあて方説明

黒の①から②に向けてフィボナッチリトレースメントを引きます。

フィボ38.2
フィボ38.2

黒①から黒②をエリオット波動の1波と見て、フィボナッチリトレースメントを引いてみると↑↑上の画像のようになります。

ネックライン
ネックライン

1波の下落をとるのは難しいので、横ライン(赤)のネックラインや☆印(赤)の安値を下に抜けたのを確認したら、戻りを待ちます。

②戻りが61.8あたりまで来たら、切上げ、切り下げラインを引いて、ライン抜けエントリー

戻りはなるべく61.8くらいまで待ちます。

そうすると早すぎのエントリーを防ぐことができます。

上の画像では38.2までの浅い戻りで下落していますね。

ここでエントリーしたくなりますが、ちょっと危険です。

61.8までさらに戻る可能性があるからです。

次の画像のように切り上げライン(緑色)を引きます。

切り上げライン
切り上げライン

切り上げライン(緑色)を下に抜けたらエントリーです。

③フィボナッチリトレースメントを逆に引いて150.0付近に差し値する。

今度はフィボナッチリトレースメントを②から①に引きます。

そうするとローソク足の行き先がほぼわかります。

フィボ150.0
フィボ150.0

①から②にフィボナッチリトレースメントを引いた時は、チャートの下に数値は出てきませんが、②から①に引くと、下に数値が出てきます。

トレンドフォローの場合、150.0や161.8まで伸びることが多いので、150.0付近に指値をします。

以上がフィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す基本的な3ステップです。

まとめ

フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3ステップ

について書いてきました。

フィボナッチリトレースメントを使った手法は、フィボナッチリトレースメントが勝手にラインを引いてくれるので、とってもラクです。

ただ、エリオット波動やダウ理論がわかっていないと、いったいどこからどこにフィボナッチリトレースメントを引くのか見当がつきませんよね。

もし、あなたが手法探しにさまよっているのだったら、基礎を少しでも理解すると目からウロコになるかもしれないですよ。

私も最初は「ダウ理論」「エリオット波動」「グランビルの法則」何のことやら?だったんですが、 ちょっとずつ学んでいくうちにだんだんと繋がっていきました。

⇒FXのダウ理論の弱点回避とダウ理論がわかりやすくなる3つのポイント

FXトレードで使えるエリオット波動の1波が見つかる3ポイント

⇒FXチャート画像でわかるグランビルの法則の買いと売り4パターン

何か1つを学んで、デモトレードやリアルトレードなら少額で検証するのもいいと思いますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

財テクアドバイザーゆんでした^^

 

「この記事ためになったな」と思っていただけたら嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

【ゆんのおすすめ教材一覧】では、実際に購入し、検証して「これは使える」と思った教材を紹介しています。

FXや株式など投資関連の教材はたくさんありますが、わかりやすく、使いこなせるかが重要ですね。

厳選したおすすめ教材だけを徐々に載せていきますね^^

⇒私が実際に購入して、検証して、「これは大丈夫だ!」という教材をチェックしてみる

私がダマされた案件と、このブログに載せた「ちょっとどうかな~」っていう案件の共通点は、

・誰でも
・簡単に
・すぐに
・経験不要
・知識不要

つまり「ラクして稼げるよ~」という意味を含んだ言葉を使っています。

人間、ラクな方に流れてしまいますよね~。

20代、30代なら「転職して収入アップだぞ~」って時間的な余裕があるんですが、
50代になると、老後が目の前なので「早く何とかしなきゃ」って焦ってしまいます。

そこに、上記のようなキャッチ―な言葉の案件を見てしまうと・・・

「やられた~(+_+)」

ってならないように、私が実際に購入して、検証して、「これは大丈夫だ!」という教材だけをおすすめしています^^

お気軽にのぞいてみてください。

⇒私が実際に購入して、検証して、「これは大丈夫だ!」という教材をチェックしてみる

 

ゆんの宅トレ講座にようこそ

メルマガ始めました♪

「チャートが読めるようになる!
ゆんの宅トレ講座」

というメルマガです^^

相場はある程度一定の法則で動いています。

イレギュラーに動いているとしか
見えないチャートですが、

不思議なことにだんだんと見え方が変わってくるので楽しくなります。

メルマガは不定期に配信します。

ブログの更新情報や投資で勝つための有益な情報を配信しますので、楽しみにお待ちください。

初心者さんがわかりやすいように、トレード解説を書き込んだチャート画像も添付して送る時もあります。

メルマガ登録は無料です。

いつでも配信解除できるので、お気軽に登録してください♪

メルマガ「ゆんの宅トレ講座」

⇒「ゆんの宅トレ講座」をのぞいてみる

よろしくお願いします^^

無料相談受付中です

常時、無料相談受付中です^^

ゆんに無料で相談してみる

FXトレードでわからないことがあったら、どんなことでもコメントしてくださいね^^

「こんなこと聞いたら恥ずかしい」なんて思わずにどんどん質問してください。

プロトレーダーもゼロから始めてます^^

私も最初は「MT4って何?」というところから始めました(^-^)

質問お待ちしてま~す^^

相談メールしてみようかなぁと思っても、最初の1通目は躊躇してしまいますね。

私もそうでした。

メールしてみよう!と思ってから、1週間以上悩んでました。

悩んでいても堂々巡りなんですよね。

軽い気持ちで、半歩でも1歩でも進んでみませんか^^

2007年からFX投資を始めた私は、いくつも商材を購入して、いくつかの塾に入りました。

ちょっと言えないくらい苦い経験があります(>_<)

どうしようもなく使えない商材もありましたが、FXの基礎がわかると、

「全然使えないよ―(+_+)」と思ってたサインツールも補助的に使えるんです。

これから、FX投資を始めようとしている方、うまくいっていない方、「このEAは大丈夫かな」「このサインツール使えるのかな」などなど、お気軽にメールしてください。

FX以外のお悩みでもOKです^^

あなたの悩みが少しでも解決できれば幸いです^^

ご連絡お待ちしてます!

無料相談受付中

ゆんに無料で相談してみる

よろしくお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。