FXデイトレ手法とエントリーポイント公開日誌6月30日、7月21日&9月1日

ユーロドル1時間足 利確ポイント 
ユーロドル1時間足 利確ポイント 
ゆん
財テクアドバイザーゆんです^^

私のfxデイトレ手法とエントリーポイント公開日誌です。

2021年9月1日 ポンドドル 買いトレード

7月21日 ポンド円 買いトレード

6月30日 ユーロドル 売りトレード

上記の3つのトレードを解説します。

まずは、9月1日のポンドドル買いトレードから解説します。

2021.9.1. GBP/USD 買いトレード

《2021.9.1 GBP/USD》

2021.9.1 gbpusd 15分足
2021.9.1 gbpusd 15分足

202191日 ポンドドルの15分足です。

小さい青矢印から黄色△までトレードしました。(画像では見えにくいです)

小さい矢印と三角はMT4の口座履歴をチャートにドラッグアンドドロップすると出ます。

では、4時間足から見てみましょう。

◆9月1日 ポンドドル 4時間足◆

《ポンドドル 4時間足》

2021.9.1 gbpusd 4時間足
2021.9.1 gbpusd 4時間足

縦の紺のラインが9月1日の始まりです。

4時間足では底を2点作っていて、右側が左側に比べて少し切り上がっています。

日足を見てみるとダブルボトムに見えます。

日足を見てみましょう。

◆9月1日 ポンドドル 日足◆

《ポンドドル 日足》

2021.9.1 gbpusd 日足
2021.9.1 gbpusd 日足

日足でダブルボトムを作っているように見えますね。

では1時間足を見てみましょう。

◆9月1日 ポンドドル 1時間足◆

《ポンドドル 1時間足》

2021.9.1 gbpusd 1時間足
2021.9.1 gbpusd 1時間足

縦の紺のラインが9月1日の始まりです。

1時間足では☆印の戻り高値をちょっとだけ上にブレイクしています。

アップトレンドなので、押し目を待って短期で買いトレードができそうです。

縦のラインを右にずらしてみます。

《ポンドドル 1時間足》

2021.9.1 gbpusd 1時間足トレンドライン
2021.9.1 gbpusd 1時間足トレンドライン

縦のラインを右に少しずらしてみました。

緑の1の安値からレートがグーンと上に伸びているので、そこを起点として次の緑2に向けてラインを引きます。

安値が切り上げて、高値も切り上げているので、このラインはトレンドラインになります。

2021.9.1 gbpusd 1時間足トレンドライン戻り
2021.9.1 gbpusd 1時間足トレンドライン戻り

9月1日のレートがまたトレンドラインに戻ってきました。

15分足を見てみます。

◆9月1日 ポンドドル 15分足◆

《ポンドドル 15分足》

2021.9.1 gbpusd 15分足
2021.9.1 gbpusd 15分足

ポンドドル15分足を見てみると、トレンドラインに到達するまでに小さなダウントレンドを形成しています。

さらに、トレンドラインのライン上でダブルボトムを作っています。

私が見ている時間内では、緑の☆の戻り高値をヒゲでしか、上にブレイクしていませんでした。

ただ、1時間足がアップトレンドになっているので、押しを待って買いエントリーするシナリオを立てます。

15分足を拡大してみます。

ポンドドル15分足 エントリーポイント

2021.9.1 gbpusd 15分足エントリー
2021.9.1 gbpusd 15分足エントリー

エントリーポイントが中途半端なところですが、チャートを見ている時間がタイムリミットに迫ったためです。

利確ポイントの見つけ方

《ポンドドル 15分足》

エントリーする前にどこで利確するか決めておきます。

2021.9.1 gbpusd 15分足利確ポイント
2021.9.1 gbpusd 15分足利確ポイント

利確ポイントの見つけ方はエリオット波動を使います。

エリオット波動って何だっけという方は、↓↓下の記事を参照してくださいね^^

⇒FXでエリオット波動は使えない?特徴と第3波の取り方3ポイント:利確の位置

1波の長さがわかれば、3波は1波と同じくらいかそれ以上伸びるので、1波の長さを測り、押し目にあてます。

ただ、今回は押し目がはっきりとわかる前にエントリーしてしまったので、フィボナッチリトレースメントを使いました。

フィボナッチリトレースメントを使った利確ポイントの見つけ方

2021.9.1 gbpusd 15分足フィボナッチリトレースメント
2021.9.1 gbpusd 15分足フィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメントをAからBにあてます。

フィボナッチリトレースメントの数値の161.8に指値をしておきました。

なぜ161.8に指値をするのかは、↓↓下の記事を参照してくださいね^^

⇒フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3つのステップ

今回は、はっきりとした押しを待つことができずに中途半端なところでエントリーしていますが、

・1時間足がアップトレンド

・トレンドラインの3点目

・1時間足で20MAを上に抜けている

ということでエントリーしました。

 

参考になりましたでしょうか。

次は、7月21日のポンド円買いトレードを解説します。

2021.7.21 GBP/JPY 買いトレード

2021.7.21 GBP/JPY

2021.7.21 GBP/JPY 5分足
2021.7.21 GBP/JPY  5分足

2021721日 ポンド円の5分足です。

小さい青矢印から黄色△までトレードしました。

では、4時間足から見てみましょう。

◆7月21日 ポンド円 4時間足◆

ポンド円 4時間足

2021.7.21 ポンド円 4時間足
2021.7.21 ポンド円 4時間足

縦の紺のラインが721日の始まりです。

4時間足はダウントレンド中です。

713日から20日にかけて大きく下げてますね。

ダウントレンドのトレンドフォローで戻りを待って、売りを狙えるかなというところです。

1時間足を見てみます。

◆7月21日 ポンド円 1時間足◆

ポンド円1時間足

2021.7.21 ポンド円 1時間足
2021.7.21 ポンド円 1時間足

1時間足を見ると、このチャートの範囲内で1波2波3波が終わっているように見えます。

トレンドの終わりを確認するために、フィボナッチリトレースメントをあててみます。

2021.7.21 ポンド円 1時間足AB
2021.7.21 ポンド円 1時間足AB

青●BからAにフィボナッチリトレースメントをあててみます。

フィボナッチリトレースメントに関しては、↓↓下の記事を参照してくださいね。

⇒フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3つのステップ

2021.7.21 ポンド円 1時間足フィボナッチリトレースメント
2021.7.21 ポンド円 1時間足フィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメントをあててみると、↑↑上のようになりました。

すでにレートはヒゲで161.8に到達しています。

拡大してみます。

1時間足 フィボナッチリトレースメント拡大

2021.7.21 ポンド円 1時間足拡大
2021.7.21 ポンド円 1時間足拡大

ヒゲで161.8にタッチして、長めの陽線ローソク足で戻されてから、停滞しているようです。

もしかしたら1時間足ではダウントレンドが終わり、トレンド転換になるかもしれません。

21日の始まりの縦ラインを右に少しずらしてみます。

2021.7.21 ポンド円 1時間足ずらし
2021.7.21 ポンド円 1時間足縦ラインずらし

5分足にしてみます。

◆7月21日 ポンド円 5分足◆

ポンド円5分足

2021.7.21 ポンド円 5分足
2021.7.21 ポンド円 5分足

7月20日の深夜から21日の午前中にかけて出来た波を1波と見て、2波の押しを待ち切り下げラインを引きます。

切り下げライン抜けの押しから買いエントリーのシナリオを立てます。

ポンド円5分足 エントリーポイント

ポンド円 5分足

ポンド円5分足 エントリーポイント
ポンド円5分足 エントリーポイント

今回はタイミングが合わず、切り下げライン抜けの押しからではなく、さらに上昇して、押し目を確認してから買いエントリーしました。

利確ポイントの見つけ方

エントリーする前にどこで利確するか決めておきます。

2021.7.21 ポン円利確
2021.7.21 ポン円利確位置

↑↑上の画像にあるように、利確ポイントはもう少し上を狙っていましたが、エントリーが遅かったので、また押しが入るのはイヤだと思い、押しが入りそうなところで利確しました。

1時間足を見ると逆三尊になっているので、1時間足レベルでも押し待ちをしていましたが、ちょうどチャートを見られない時間帯になり、仕方なくエントリーは見送りました。

《ポンド円 1時間足》

2021.7.21 ポンド円 1時間足逆三尊
2021.7.21 ポンド円 1時間足逆三尊

拡大してみます。

ポンド円1時間足 逆三尊 拡大

2021.7.21 ポン円拡大 逆三尊
2021.7.21 ポン円拡大 逆三尊

押し目を作った後、グイーンと上がってますね(>_<)

まぁこういうこともありますが、チャンスはいつでもあるので次のチャンスを狙います^^

 

参考になりましたでしょうか。

次は、2021年6月30日 ユーロドル 売りトレードを解説します。

2021.6.30 EUR/USD 売りトレード

2021.6.30 EUR/USD

2021.6.30 EUR/USD 15分足
2021.6.30 EUR/USD 15分足

2021630日 ユーロドルの15分足です。

小さい赤△から白△までトレードしました。

では、4時間足から見てみましょう。

◆6月30日 ユーロドル 4時間足

ユーロドル 4時間足

2021.6.30 ユーロドル 4時間足
2021.6.30 ユーロドル 4時間足

縦の紺のラインが6月30日の始まりです。

6月14日から17日にかけて大きく下げてますね。

その後、18日から24日にかけて戻りをつけています。

28日からまた下げていますね。

直近安値付近までダウントレンドのトレンドフォローで売りを狙いたいところです。

1時間足を見てみます。

◆6月30日 ユーロドル 1時間足◆

ユーロドル 1時間足

6月30日 ユーロドル 1時間足
2021.6.30 ユーロドル 1時間足

6月30日のユーロドル1時間足です。

縦の紺のラインが6月30日の始まりです。

6月30日の朝のレートから直近安値の実体まで40ピプス程度なので、あまり下げ余地はありませんが、半分の20ピプスくらいを狙えそうです。

意識されそうなところに1時間足で水平線を引いてエントリーの目安にします。

1時間足で水平線を引く

ユーロドル1時間足 水平線
ユーロドル1時間足 水平線

↑↑1時間足で水平線を引きました。

15分足を見てみます。

◆6月30日 ユーロドル 15分足◆

2021.6.30ユーロドル 15分足
2021.6.30 ユーロドル 15分足

6月30日のユーロドル 15分足です。

縦の紺のラインが6月30日の始まりです。

水平線は1時間足で意識されそうなところに引いたラインです。

6月30日の縦ラインより右側のローソク足を出してみます。

2021.6.30 ユーロドル15分足 切り下げライン
2021.6.30 ユーロドル15分足 切り下げライン

6月30日の縦ラインより右側のローソク足を少し出しました。

エントリーポイントを絞るために切り上げラインを引いて待ちます。

15分足を拡大してみます。

ユーロドル15分足拡大

ユーロドル15分足拡大
ユーロドル15分足拡大

オレンジ色の切り上げラインをローソク足が何度か抜けていますね。

リアルタイムでローソク足を見ていると、グングン落ちていきそうな気もします。

でも、レートがグングン落ちることは頻繁にはないので、

出来るだけ水平線や切り上げラインに近づけてから売りエントリーした方が、※リスクリワード比が良くなります。

※リスクリワード比が良くなる
利益の割合の方が損失よりも大きい

切上げラインを抜けたローソク足が確定してから、次の足で売りエントリーしてもいいですが、戻りを待った方がいいですね。

ユーロドル15分足 エントリーポイント

ユーロドル15分足 エントリーポイント
ユーロドル15分足 エントリーポイント

オレンジ色の切上げラインをローソク足が下に抜けた後、再び切上げラインまで戻るのを待ちます。

戻りを待っていると、1時間で引いた水平線まで戻りました。

水平線まで戻ったローソク足の安値を次のローソク足が抜くタイミングでエントリーしました。

利確ポイントの見つけ方

ユーロドル1時間足 利確ポイント

ユーロドル1時間足 利確ポイント 
ユーロドル1時間足 利確ポイント

今回の利確ポイントは1時間足で引いた水平線までにしました。

4時間足のサポートラインに近いため、あまり大きく狙わず手堅くちょっとずつ利確していった方がいいですね。

また、6月30日の月末なので、利確をする人も多いのかレートがかなり上下に動いています。

レートが上下に動きすぎると、

「売りエントリーしたけど逆に行った!買いかも。損切して買い!買いだと思ったけど、やっぱり売りだ!」

のように初心者さんは右往左往してしまうので、 月末はトレードを避けた方がいいと思います。

月末でなければ、わりあいすっと落ちてくれそうな場面なので、似たような過去チャートを見つけたら検証してみてくださいね。

過去チャートの右側を消すことができると便利ですよ。

過去チャートの右側が消せるインジケーターについては、↓↓下の記事を参照してくださいね。

⇒FX過去検証ソフト「フォレックステスター」よりお得なインジケーター

 

参考になりましたでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

財テクアドバイザーゆんでした^^

 

「この記事ためになったな」と思っていただけたら嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

【ゆんのおすすめ教材一覧】では、実際に購入し、検証して「これは使える」と思った教材を紹介しています。

FXや株式など投資関連の教材はたくさんありますが、わかりやすく、使いこなせるかが重要ですね。

厳選したおすすめ教材だけを徐々に載せていきますね^^

⇒私が実際に購入して、検証して、「これは大丈夫だ!」という教材をチェックしてみる

私がダマされた案件と、このブログに載せた「ちょっとどうかな~」っていう案件の共通点は、

・誰でも
・簡単に
・すぐに
・経験不要
・知識不要

つまり「ラクして稼げるよ~」という意味を含んだ言葉を使っています。

人間、ラクな方に流れてしまいますよね~。

20代、30代なら「転職して収入アップだぞ~」って時間的な余裕があるんですが、
50代になると、老後が目の前なので「早く何とかしなきゃ」って焦ってしまいます。

そこに、上記のようなキャッチ―な言葉の案件を見てしまうと・・・

「やられた~(+_+)」

ってならないように、私が実際に購入して、検証して、「これは大丈夫だ!」という教材だけをおすすめしています^^

お気軽にのぞいてみてください。

⇒私が実際に購入して、検証して、「これは大丈夫だ!」という教材をチェックしてみる

ゆんの宅トレ講座にようこそ

メルマガ始めました♪

「チャートが読めるようになる!
ゆんの宅トレ講座」

というメルマガです^^

相場はある程度一定の法則で動いています。

イレギュラーに動いているとしか
見えないチャートですが、

不思議なことにだんだんと見え方が変わってくるので楽しくなります。

メルマガは不定期に配信します。

ブログの更新情報や投資で勝つための有益な情報を配信しますので、楽しみにお待ちください。

初心者さんがわかりやすいように、トレード解説を書き込んだチャート画像も添付して送る時もあります。

メルマガ登録は無料です。

いつでも配信解除できるので、お気軽に登録してください♪

メルマガ「ゆんの宅トレ講座」

⇒「ゆんの宅トレ講座」をのぞいてみる

よろしくお願いします^^

無料相談受付中です

常時、無料相談受付中です^^

ゆんに無料で相談してみる

FXトレードでわからないことがあったら、どんなことでもコメントしてくださいね^^

「こんなこと聞いたら恥ずかしい」なんて思わずにどんどん質問してください。

プロトレーダーもゼロから始めてます^^

私も最初は「MT4って何?」というところから始めました(^-^)

質問お待ちしてま~す^^

相談メールしてみようかなぁと思っても、最初の1通目は躊躇してしまいますね。

私もそうでした。

メールしてみよう!と思ってから、1週間以上悩んでました。

悩んでいても堂々巡りなんですよね。

軽い気持ちで、半歩でも1歩でも進んでみませんか^^

2007年からFX投資を始めた私は、いくつも商材を購入して、いくつかの塾に入りました。

ちょっと言えないくらい苦い経験があります(>_<)

どうしようもなく使えない商材もありましたが、FXの基礎がわかると、

「全然使えないよ―(+_+)」と思ってたサインツールも補助的に使えるんです。

これから、FX投資を始めようとしている方、うまくいっていない方、「このEAは大丈夫かな」「このサインツール使えるのかな」などなど、お気軽にメールしてください。

FX以外のお悩みでもOKです^^

あなたの悩みが少しでも解決できれば幸いです^^

ご連絡お待ちしてます!

無料相談受付中

ゆんに無料で相談してみる

よろしくお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。