FX取引におすすめの時間と東京・ロンドン・ニューヨーク時間の特徴

fxtime
fxtime

財テクアドバイザーゆんです。

FX取引は平日の24時間できるのが魅力ですね。

東京時間、ロンドン時間、ニューヨーク時間の3つの時間帯が三大市場といわれています。

今回は、東京時間、ロンドン時間、ニューヨーク時間のそれぞれ特徴と、FX取引におすすめの時間を解説します。

FXの取引時間(営業時間)

FXは平日の24時間取引が可能です。

よく株取引と比べられますね。

株取引は平日9時~15時の間で取引が行われます。

また、11時半~12時半は休場になるので、5時間が取引の時間になります。

それに比べると、FXは平日24時間取引が出来るので、会社勤めの人も帰宅してからトレードができます。(営業時間はFX会社によって変わります)

でも、24時間取引が可能というのは、デメリットにもなります。

ずっとチャートを見ることができるから、夜更かししてしまいますね。

月曜日の何時から金曜日の何時までか

取引時間は月曜日の何時から始まって、金曜日の何時に終わるのでしょうか。

FX会社によって多少の違いがあります。

だいたい朝7時から取引ができる会社が多いですね。

終了時間は、土曜日の朝、5時40分~6時の間にクローズしています。

冬時間は終了時間が1時間遅くなります。

週末までポジションを持ち越したくない人は、土曜日の朝に決済することができます。

私も慎重派なので、週末持越しはなるべくしないです。

週明けに何が起こるかわからないですよね。

FX取引が出来ないのはいつ

FX取引が出来ないのは、土日・海外の大きな祝日・クリスマス・大晦日・元旦です。

土日・海外の大きな祝日

土日の取引は世界中で取引はお休みです。

中東の一部の国では土日に取引が行われることもあります。

月曜の朝にローソク足が窓開けするのは、このためです。

日本の祝日の場合、海外が平日であれば取引は行われています。

海外の大きな祝日である、7月4日のアメリカ独立記念日やグッドフライデー(イースター前の金曜日)などはお休みになります。

クリスマス

クリスマスはオセアニア、ロンドン、ニューヨーク市場は休日になります。

12月25日が平日の場合、東京外国為替市場は開いていますが、参加者がかなり減るので、値動きが緩慢になります。

クリスマス明けから元旦まで、オセアニア、ロンドン、ニューヨーク市場はすでに休日モードになるのか、動きがあまりなくなります。

ムリしてトレードするのは控えた方がいいかもしれないです。

元日

元日が平日でも世界中の国が祝日なので、日本及び海外の市場も休場のため、取引はできないです。

元日の翌日からは通常通り取引が可能になります。

【FXの三大市場】東京・ロンドン・ニューヨーク市場の特徴

為替の三大市場といわれるのが、東京・ロンドン・ニューヨーク市場です。

ロンドン市場は欧州市場やヨーロッパ市場ともいわれます。

早朝にオセアニア市場が動く時もありますが、参加者は多くありません。

各市場の特徴を解説します。

◆オセアニア時間(日本時間:6時~8時)

ニュージーランドのウェリントン市場やオーストラリアのシドニー市場が開いています。

市場参加者が少ないのでスプレッドが広がることが多いです。

経済指標が発表された時に、大きく動くことがあります。

◆東京時間(8時~16時)

日本、香港、シンガポールなどの市場が開くため、アジア圏に住んでいるトレーダーが参加し始めます。

日本企業の多くは、5と0のつく日が決算日のため、ゴトウ日といわれています。

ゴトウ日は海外への支払いのためにドルが買われる傾向にあります。

ゴトウ日を狙ってトレードするトレーダーがいるので、仲値が決まる9時55分までドル円の売買が活発になります。

10時過ぎには値動きが収まることが多いです。

◆ロンドン時間(日本時間:夏時間:16時~翌日1時 冬時間・17時~翌日2時)

ロンドン市場は、世界1位の取引量を誇ります。

東京時間の15時から取引する一部の参加者もいます。

ポンドがらみの通貨ペアやユーロ、スイスフランとのペアの通貨の動きが激しくなります。

東京時間で上昇していた相場が、ロンドン時間になったとたんに逆転することもあるので、短期売買派は素早い決済が必要です。

ロンドン時間には、経済指標が発表されることが多いので、ポジションを建てる前にその日の経済指標をチェックすることがリスク回避になります。

日本時間の19時以降になると、欧州はお昼休みになるので、値動きが落ち着いてきます。

ロンドンフィキシング(日本時間:夏時間 ⇒ 24時 冬時間 ⇒ 25時)

ロンドンフィキシングというのは、金の価格が決定されることです。

輸出企業の決済や米ドル建てで行われる金の取引によって、米ドルがからんだ各国の通貨が頻繁に取引されます。

為替相場の変動が大きくなる傾向があるのが、この時間帯です。

◆ニューヨーク時間(日本時間:夏時間:21時~翌日6時 冬時間・22時~翌日7時)

ニューヨーク時間はトレンドが発生しやすいといわれています。

米国雇用統計や※FOMCなどの経済指標が発表されるので、為替レートが大きく動くことがあります。

※FOMCとは、Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略で、アメリカの金融政策を決定する会合のことです。

夏時間は翌日の日本時間2時までロンドン市場と重なっているので、参加者が一番多い時間となり、為替レートが一番動く時間です。

スプレッドが広がる時間とは

スプレッドはFXトレードでの手数料のようなもので、コストになるためトレーダーにとっては狭い方が得になります。

多くのFX会社がスプレッドの狭さを宣伝していますね。

取引が活発な時間帯はFX会社の表示通りのスプレッドになりますが、クリスマス明け、海外の市場が休場の時、早朝などはスプレッドが広がることが多いです。

理由は、市場参加者が少ないからです。

知らないで取引すると「えっこんなに広がってる!」ということになるので、気を付けてくださいね。

特に、元々スプレッドの広いニュージードル関係はさらに広がるので注意が必要です。

ドル/円のスプレッドはだいたい0.2銭のところが多いですが、ニュージードル/円は通常でも1銭~1.2銭のスプレッドです。

ドル/円と1銭も違いますね!

スプレット
スプレット

引用元:FXTF

FX取引でおすすめの時間

FX取引のおすすめの時間は、ロンドン時間がわかりやすい時間です。

参加者が一番多くなる時間なので、指標以外は急激な動きがあまりありません。

また、参加者が多いということは、スプレッドの開きも小さくなります。

FX取引でレートが大きく動く時間

FX取引でレートが大きく動く時間をピックアップしました。

・ロンドン・ニューヨーク時間
・米国雇用統計
・FOMC
・要人発言

特にロンドン時間とニューヨーク時間が重なる、21時~翌2時(日本時間)は一番レートが大きく動く時間です。

FOMCとは、Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略で、アメリカの金融政策を決定する会合のことです。

雇用統計、FOMCは特によく動く指標のため、この指標を狙ってトレードする人もいます。

まとめ

FX取引におすすめの時間と東京・ロンドン・ニューヨーク時間の特徴を書いてきました。

FX取引は平日の24時間できますが、土日・海外の大きな祝日・クリスマス・大晦日・元旦は休日になります。

三大市場と呼ばれるのは、

・東京市場
・ロンドン市場
・ニューヨーク市場

です。

それぞれ特徴があります。

おすすめの時間はロンドン時間ですね。

アメリカのビジネスマンにとって、ロンドン時間は朝~昼、ニューヨーク時間は当然日中なので、FX取引を副業とするのは難しいですよね。

日本のビジネスマンは仕事が終わって一息ついてからニューヨーク時間が始まるので、日本のビジネスマンが羨ましいという話を聞いたことがあります。

この利点を生かしてトレードしてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

財テクアドバイザーゆんでした。

ゆんの宅トレ講座にようこそ

 

メルマガ始めました♪

「チャートが読めるようになる!
ゆんの宅トレ講座」

というメルマガです^^

相場はある程度一定の法則で動いています。

イレギュラーに動いているとしか
見えないチャートですが、

不思議なことにだんだんと見え方が変わってくるので楽しくなります。

メルマガは不定期に配信します。

ブログの更新情報や投資で勝つための有益な情報を配信しますので、楽しみにお待ちください。

メルマガ登録は無料です。

いつでも配信解除できるので、お気軽に登録してください♪

メルマガ「ゆんの宅トレ講座」

⇒「ゆんの宅トレ講座」をのぞいてみる

よろしくお願いします。

 

無料相談受付中です

 

常時、無料相談受付中です^^

ゆんに無料で相談してみる

 

相談メールしてみようかなぁと思っても、最初の1通目は躊躇してしまいますね。

私もそうでした。

 

メールしてみよう!と思ってから、1週間以上悩んでました。

悩んでいても堂々巡りなんですよね。

軽い気持ちで、半歩でも1歩でも進んでみませんか。

 

2007年からFX投資を始めた私は、いくつも商材を購入して、いくつかの塾に入りました。

あんまり言いたくないくらい苦い経験があります。

 

どうしようもなく使えない商材もありましたが、FXの基礎がわかると、

「全然使えないよ―(+_+)」と思ってたサインツールも補助的に使えるんです。

 

これから、FX投資を始めようとしている方、うまくいっていない方、お気軽にメールしてください。

 

あなたの悩みが少しでも解決できれば幸いです。

 

ご連絡お待ちしてます!

無料相談受付中

ゆんに無料で相談してみる

よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。